鉄は熱いうちに打てといいますので起きてすぐこのブログを書いています。
前回少し準備の振り返りをしましたが、実は(?)昨日は結婚式でした!へへ!

深く思い出すと泣くので要所要所で印象深かったことを残しておこうかなと思います。

何の気なしに作ったハッシュタグがえらいのびた

ちょっと前に友人から、「ハッシュタグないの?」みたいなことを言われていて、フォロー外の方があげてくれた写真とか集めやすいし、お祝いコメントいただけたらうれしいし、まあ用意するだけしておこうか?みたいな感じでTwitterのハッシュタグを作ったんですが、開始前から予想外にのびました

ついにはTogetterにまとめてもらったり、大阪のトレンド入りしたりとお祭り状態に!ありがたやありがたや。

朝起きたらこんなことになってたのはさすがに予想外でした。

トゥギャッター公式にピックアップされるなどする一般人の結婚式

私も夫も(一部の参列者の方々も?)特に写真NGではなかったのでこうしてTwitterで盛り上がりましたが、もちろん席次表に書いて他の参列者の方へのご配慮をお願いしておりました。
SNSを使ってやいやいするときは一文添えておくと良いと思います!

余談ですが、全然面識のない人たちからもお祝いしてもらいました。ツイッターランドあったけえ・・・

リハでは泣くまいと思ってたのに泣かされる

きれいにメイクしてもらってよーしリハがんばるぞと思ってたら、両親の入待ちの間に夫からサプライズを仕掛けられました。私もファーストバイトのトング秘密にしてましたが、まさかやり返されるとは思わなかった。

なんとお手紙と12本のバラの花束を・・・!手紙の内容は公開しませんが、手紙出てきたときに涙腺決壊してだばーーーっと泣いてしまいました。いつか何かやり返してやる。

ここで持ってるバラはリハのときにサプライズでもらったやつ!

一回泣いたらもうあとは泣くだけだったので、両親交えてのリハは階段のところですでに泣いたり、バージンロードで泣いたりとまだ本番じゃないのにめちゃくちゃ泣いてめちゃくちゃメイク直ししてもらいました。

挙式は手順覚えてなくてもなんとかなる

私達が利用した会場は忘れないようにと直前にリハをしたんですが、本番は頭真っ白になります。でも周りのサポートがたくさん入るので、手順を忘れても問題ありません。(挙式終わってから神父様に「パーフェクトデシタヨ、スバラシイ」って言われるなどする)

披露宴の方も、夫が動線確認に行き(私はお直しのため控室待機)、入退場は夫に任せました。(あと周りにスタッフさんがいて小声で誘導してくれました)

どんなにがんばっても泣く

泣かないぞ泣かないぞって思ってると余計泣いちゃうものだと開き直っておくことをおすすめします。泣くものです。私は涙腺ゆるいほうなので余計そうかもしれませんが・・・!

白いハンカチ・・・いわゆるブライダルハンカチを持っていたんですが、だいたい持ってないときに泣いたので結局使わず終わりました。でも持っていっておいた方がいいと思います!(会場でティッシュは用意してもらえると思いますが・・・!)

準備は大変だったけど、楽しかったしやってよかった

親は泣かないと思ってたんですが、挙式入場のところ時点からちょいちょい泣かれてもらい泣きしたり、私がもらい泣きさせたりして、かなりほろっとしました。

なかなか親にこういう泣かせる系のことを仕掛ける機会ってないので、やってよかったなあと改めて思いました。(せっかくだからやろうって言ってくれた夫に感謝!)

半年以上かけての準備でイラッとしたり大変だったことも多かったですが、結婚式やって本当によかったです。来てくれた皆さんにここであらためて心からの感謝を!

ジルもいっしょ!